PR

地方 地方

攻撃的野球で日本一へ アルビBC、長岡市長表敬

Messenger

 長岡市を拠点に活動するプロ野球・独立リーグ、新潟アルビレックスBCの池田拓史社長(36)と加藤博人監督(48)、楠本歩主将(24)が10日、同市大手通のアオーレ長岡に磯田達伸市長を表敬訪問し、7日に開幕した今季の健闘を誓った。

 昨季は33勝29敗9分けと勝ち越したものの、前後期とも優勝できずプレーオフ進出を逃した。今季は決意を新たに攻撃的な野球を展開する「新撃」をスローガンに掲げ、6年ぶり2回目の日本一を狙う。

 池田社長は「2年連続でプロ野球(NPB)に選手を輩出できた」と強調。磯田市長は「長岡でも野球熱が高まっている。けがのないように頑張ってほしい」とエールを送った。加藤監督は「攻撃的な起用で優勝したい」と意気込み、楠本主将は「監督を胴上げするという気概で戦う」と力を込めた。

 アルビBCは現在、2戦を終えて1勝1敗。次戦は13日に高崎市城南野球場(群馬)で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ