PR

地方 地方

バス路線、両備HDが新規参入認可の停止申し入れ

Messenger

 両備ホールディングス(HD=岡山市北区)の小嶋光信代表は9日、運行する黒字のバス路線に同業他社が参入する問題で、「バス停設置に瑕疵(かし)があった」などとして国交省に認可の執行停止と取り消しを申し入れた、と発表した。

 この問題では、市中心部で循環バスを運行する八晃運輸(同市中区)が同市東区への新路線を計画。2月に中国運輸局からの認可を得て、今月27日からの運行を発表していた。

 八晃運輸は新路線でのバス停を44カ所設けるが、同HDはうち3カ所で、同市が民有地を市有地と誤認していたり、土地所有者の了解が得られていない-などと指摘している。

 同HDでは認可の前提で道路占有を出した同市の対応にも誤りがあるとして、9日は市側にも報告を行った-としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ