PR

地方 地方

民進青森県連代表の後任は田名部匡代参院議員

Messenger

 民進党県連代表の田名部定男県議(71)は7日、青森市内で開かれた常任幹事会で代表を退任する意向を表明した。後任に県連代表代行の田名部匡代参院議員(48)が就く。22日の県連定期大会で正式に承認される見通し。

 田名部代表は、平成26年4月に前任の匡代氏に代わって代表に就任、4年間にわたって県連の陣頭指揮を執ってきた。退任理由について「いずれかの時点で引き継がなければならないと思っていた。新しい党は新しい人にやってもらいたい」と述べ、旧民進勢力による新党結成の動きを掲げた。新党結成に関して匡代氏は「国民に理解してもらえる綱領、政策、理念を掲げ、より多くの仲間の結集、連携が必要」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ