PR

地方 地方

篠山市とベトナム・フエ市提携 市民交流で関係深化を

Messenger

 篠山市とベトナム・フエ市が、「市民交流都市」として提携した。2日、篠山市役所で行われた調印式で、両市長は観光や経済、福祉などでの関係を深めることを確認した。

 同市内の介護福祉士養成施設「篠山学園」(昨年9月開校)に、フエ市を中心にしたベトナム人留学生を受け入れたのが今回の提携のきっかけになった。

 フエ市は同国中部にあり、最後の王朝グエン朝の王宮は世界遺産に登録されている。人口は約35万人。大学など60以上の教育施設がある文教都市という。

 合意書では、経済交流や福祉の充実、歴史文化の活用、観光振興などの市民交流推進をうたっている。

 調印式では記念品を交換。酒井隆明市長は「世界から観光客が訪れるフエ市は魅力的なまち。交流を深め、発展につなげたい」、グエン・バン・タン市長は「観光、農業、福祉の分野に集中してこれからの市民交流に取り組みたい」と話し、握手を交した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ