PR

地方 地方

翁長雄志知事の支持企業が「オール沖縄会議」から脱会

米ワシントンで開かれたシンポジウムで講演する沖縄県の翁長雄志知事(右)=3月13日(沖縄県提供)
Messenger

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止を掲げる翁長雄志知事を支援し、県内でホテル事業などを運営する「かりゆしグループ」は3日、記者会見を開き、翁長氏の主要な支持母体「オール沖縄会議」から脱会すると表明した。

 脱会の理由に関し、移設の賛否を問う県民投票について、同会議が受け入れなかったためだと説明した。脱会後も翁長氏を支援するという。同会議をめぐっては翁長氏側近で、地元の小売り・建設大手「金秀グループ」会長の呉屋守将氏も3月に共同代表を辞任、求心力低下に拍車が掛かりそうだ。

 かりゆしグループは沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長がオーナーを務める。平良氏は保守系の経済人として、翁長氏を支えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ