PR

地方 地方

秦野の70代男性、550万円詐欺被害

Messenger

 秦野署は、秦野市内に住む無職の70代男性がオレオレ詐欺被害に遭い、現金計550万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、3月16日午前9時ごろ、秦野市内に住む無職の70代男性宅に息子を装った男から、「友人と投資をした。確定申告で申告漏れがあり、300万円必要だから、用意してほしい。郵便局の人が取りに行く」などと嘘の電話があった。その後、東京都大田区内の公園で郵便局員を名乗る30代くらいの男に現金計300万円を手渡した。

 また、同月18~19日、再び息子を装った男から男性宅に「あと250万円、なんとかならないか。会計事務所の人が行く」と虚偽の電話があり、19日に同じ公園で会計事務所の職員を名乗る30代とみられる男に現金計250万円を手渡し、詐取されたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ