産経ニュース

伊豆長岡駅の「ラブライブ」装飾、景観条例違反で張り替え

地方 地方

記事詳細

更新


伊豆長岡駅の「ラブライブ」装飾、景観条例違反で張り替え

「ラブライブ!サンシャイン!!」のイラスト装飾=伊豆の国市南條の伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅(石原颯撮影) 「ラブライブ!サンシャイン!!」のイラスト装飾=伊豆の国市南條の伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅(石原颯撮影)

 伊豆箱根鉄道の伊豆長岡駅(伊豆の国市)に設置されていた人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のイラスト装飾が市から条例違反の指摘を受け、別のものに張り替えられていたことが30日、分かった。平成27年に世界文化遺産に登録された韮山反射炉がある同市では昨年4月から周囲の景観を阻害するような派手な屋外広告物を規制する条例を施行しており、ガラス張りの駅舎の壁面を全面的に使った同装飾は大きさなどが条例に違反していたという。

 市からの指摘を受け、同鉄道は29日夜から張り替え作業を開始。30日までに装飾を同アニメの別のイラストに差し替えた。

 条例に違反していたのは劇中に登場する学生アイドルグループ「Aqours」のメンバー9人などが描かれた駅舎壁面の装飾。3枚目のシングル「HAPPY PARTY TRAIN」のミュージックビデオで着ていたのと同じ衣装を身につけたキャラクターのイラストが壁面の大部分を占めるように飾られており、昨年7月23日の設置以降、イラストを一目見ようと大勢のファンが訪れる“聖地”の一つとなっていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 伊豆長岡駅の「ラブライブ」装飾、景観条例違反で張り替え