PR

地方 地方

和歌山・高野山に春の訪れ、アセビ咲く

Messenger

 高野山(高野町)でスズランに似たつぼ状の形をした白いアセビが咲いている。4月上旬頃まで楽しめるという。

 高野山寺領森林組合などによると、アセビは「馬酔木」と書き、馬が食べると酔ったようになるといわれることが由来という。町内では壇上伽藍(がらん)周辺などに群生している。

 今年は例年並みの今月20日頃に咲き始めた。橋本署高野幹部交番前でも、アセビがかわいらしい姿をみせており、参拝客らを楽しませている。

 同組合は「アセビを見て春の訪れを感じてほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ