産経ニュース

千葉県立高事務員を懲戒免 生徒会費など26万円着服

地方 地方

記事詳細

更新


千葉県立高事務員を懲戒免 生徒会費など26万円着服

 県教委は29日、生徒会費などを着服した県立印旛明誠高校(印西市)の事務職員、渡辺氷河主事(21)を免職に、元交際相手の女性の下着写真などをネット上に公開した県立薬園台高校(船橋市)の男性教諭(54)を減給1カ月(10分の1)に、それぞれ懲戒処分をしたと発表した。男性教諭は同日、依願退職した。

 県教委によると、渡辺主事は今年2月末から3月上旬、事務室の金庫内に保管されていた現金を抜き取ったり銀行から不正に現金を引き出すなどしたりして、計約26万5千円を着服したとしている。県教委の調べに「車のローンに充てていた」などと事実関係を認め、既に全額を弁済している。

 男性教諭は今月中旬、以前交際していた20代の女性の下着姿を含む画像約10点について、写真共有アプリ「インスタグラム」上に女性の本名で取得したアカウントで投稿したとしている。

 女性は同高の卒業生で、男性教諭の授業を受けたことがあったという。男性教諭は県教委に「インスタで女性の楽しそうな顔を見つけ、自分はとても苦労しているのに何なんだと思った」などと動機を話しているという。

 今年度、県教委が行った懲戒処分(監督責任を除く)は計22件となり、このうち11件が懲戒免職となった。