PR

地方 地方

東京医療保健大学和歌山看護学部、雄湊キャンパスで竣工式 知事ら設備を見学

Messenger

 和歌山市中心部の活性化に向けて県と市が取り組んできた3大学誘致の1校目となる東京医療保健大学和歌山看護学部が、4月に開学する。同大の雄湊キャンパス(同市東坂ノ上丁)は旧雄湊小学校の校舎を改修し、カフェテリア棟などを新たに建設。28日、竣工式が行われ、仁坂吉伸知事や尾花正啓市長が実習室の設備などを見学した。

 同大によると、1期生として106人が入学を予定しており、このうち101人が県出身者だった。生涯学習の拠点をつくろうと、2年後には大学院の開学も目指している。

 竣工式で、同大を運営する青葉学園の田村哲夫理事長は「地域の創生の一環という面もあり、想像以上に必要な教育機関として迎えられている。多くの方の協力で今日を迎えられ、感無量です」とあいさつ。仁坂知事は「各高校からえりすぐりの若者たちが入学してくれる。ここから立派に地域の看護師が育っていけば、人材供給の手段となり、日本のためになる」と述べた。また、設計監理を手がけた岡本設計や施工者の小池組に感謝状が贈られた。

 その後、出席者らは心電図や血圧を確認できる模擬患者のシミュレーターなどが備えられた基礎実習室、乳児から高齢者までの看護が学べる実習棟などを見学した。

 入学式は4月8日、同市の県民文化会館で行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ