PR

地方 地方

テレビ熊本が県に文化財修復費用3300万円寄付

本松賢氏(左)から目録を受け取る蒲島郁夫知事=熊本県庁
Messenger

 テレビ熊本(河津延雄社長)が28日、熊本地震で被災した熊本城などの文化財の修復に役立ててもらおうと、熊本県の文化財復興支援基金に3300万円を寄付した。同社は平成28年度からの3年間で総額1億円を寄付する計画を立てている。

 同社の本松賢会長ら役員4人はこの日、県庁に蒲島郁夫知事を訪ね、29年度分の目録を手渡した。

 本松氏は「地震から2年。熊本は、行政の力強い支援で順調に復興に向かっている。寄付金は、文化財修復に有効に使ってほしい」とあいさつした。

 蒲島氏は「熊本城の天守閣は創造的復興に向かう熊本の象徴だ。早期に再建し、国際的なスポーツイベントなどで、世界から集まる人々にも間近で見てもらえるように頑張りたい」と謝辞を述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ