PR

地方 地方

掃海管制艇「くめじま」引退 呉で自衛艦旗返納行事

Messenger

 海上自衛隊の掃海管制艇「くめじま」(基準排水量490トン)が27日、老朽化のため自衛隊を除籍となり、母港の海自呉基地の岸壁で自衛艦旗返納行事が行われた。

 中型の「うわじま」型掃海艇の5番艇として平成6年に就役。呉基地と海自阪神基地隊(神戸市)に所属し、約24年間活動した。機雷除去が任務のため船体は木造で、日本近海での不発弾処理のほか、東日本大震災の際は3カ月間、救援出動した。

 返納行事では、艇尾ではためいていた自衛艦旗が降ろされ、武市(たけち)純一艇長(42)が池太郎・呉地方総監(57)に手渡した。池総監は訓示で「長く海上防衛の第一線で活躍し、海上自衛隊の任務遂行に大きく貢献した」とたたえた。武市艇長は行事後、「任務を果たすことができて満足している。古い艇だが自分の練度向上を図ることもできた」と話した。

 返納行事に続き、後継の掃海管制艇「ながしま」(基準排水量490トン)が呉基地に入港した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ