PR

地方 地方

倉敷の旧天城村当時の商家「仙田家住宅主屋」を登録有形文化財に答申

Messenger

 国の文化審議会は、倉敷市藤戸町天城の「仙田家住宅主屋」を国の登録有形文化財にするよう文部科学相に答申した。

 安政7(1860)年建築とされており、旧天城村当時の商家。切妻造の本瓦葺ぶき2階建て(建築面積約120平方メートル)で、しっくい塗りの2階正面、なまこ壁などで伝統的な建築様式を残されている

 登録されれば県内の同文化財で、建造物は91カ所293件になる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ