PR

地方 地方

和歌山・上富田町のイメージソング完成 4月14日に発表会、歌碑除幕も

Messenger

 ■町制施行60周年記念 坂本冬美さんが歌唱

 上富田町は、今年で町制施行60周年を迎えるのを記念して制作していた町のイメージソングが完成し、歌唱している同町出身の歌手、坂本冬美さんが出演して完成発表会を4月14日、上富田文化会館で開催する。当日は近くの彦五郎公園で歌碑の除幕式も行う。

 同町は昭和33年3月発足。今年で60周年となることから、イメージソング制作を同町で毎年開催している「南紀おやじバンドコンテスト」で審査委員長を務めている音楽プロデューサー、酒井政利さんに依頼。「ただいま故郷(ふるさと)」と「鳳凰(ほうおう)の町」の2曲が完成した。

 「ただいま故郷」の作詞は日本作詞家協会長の喜多條忠さん、「鳳凰の町」は公募で同町在住の石井和子さんの歌詞が選ばれ、喜多條さんが手を入れた。作曲はいずれも日本作曲家協会特別顧問の叶弦大さん。

 完成発表会では、坂本冬美さんがイメージソングなど5曲を歌う。定員800人で入場無料。ただし整理券が必要で、希望者は28日までに往復はがきに住所、名前、電話番号を記入し、〒649-2192 上富田文化会館イメージソング完成発表会係(住所不要)。1枚で2人入場可。応募多数の場合は抽選。

 また、「ただいま故郷」の歌詞が刻まれた歌碑(高さ1・3メートル、幅3メートル、奥行き1メートル)の除幕式は午後1時から。酒井さんら約30人が出席し、坂本冬美さんらが除幕する。歌碑はそばにあるスイッチを押すと、イメージソング2曲が流れる仕組みになっている。問い合わせは同町教委(電)0739・47・5930。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ