PR

地方 地方

麦の香りで極楽気分♪ 津「美杉リゾート」に地ビール風呂登場

Messenger

 浴槽に地ビールを注ぎ込む「ビール風呂」が、津市美杉町のリゾートホテル「美杉リゾート」に登場した。焙煎された麦の香りが湯煙に漂い、極楽気分が味わえると評判だ。

 大浴場のリニューアルに合わせて2月下旬から実施。本物のビールタンクをはめ込んだ壁を見上げる伊賀焼の浴槽(直径1・2メートル)に、30分ごとに約1リットルが注ぎ込まれる。

 ビールは美杉の湧き水と伊賀の酒米と古代米で造った「伊賀流忍者麦酒」。忍者をイメージしたダークラガーだ。

 ビール風呂は1日ごとに男湯、女湯で入れ替わり、日帰り入浴も可能。浴槽のアルコール度数は0・03%だが、未成年者などは控えてほしいとしている。

 中川穣社長室長(31)は「ホテル敷地内にビール醸造所がある利点を生かそうと発案した日本初の試み。肌もしっとりなめらかになり、湯上がり感も好評です」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ