PR

地方 地方

iPS細胞から作った「樹状細胞」、消化器がんへ効果 和歌山県立医科大グループ初確認

Messenger

 和歌山市の県立医科大の研究グループは19日、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った免疫細胞の一種「樹状細胞」で、消化器がんへのワクチン効果が初めて確認できたと発表した。英国の科学誌電子版に掲載された。

 樹状細胞は、リンパ球にがん細胞を攻撃するよう指示し、がんの免疫に中心的な役割を果たす。山上裕機教授や尾島敏康講師らの研究グループによると、すでに樹状細胞を使った免疫療法はあるが、血液透析などが必要で患者の負担が大きいほか、がん患者から採取できる樹状細胞は働きが低下しており、十分な効果が得られないことなどが問題となっていたという。

 研究グループでは、樹状細胞をiPS細胞から作り、がん患者でも健康な人と同等の免疫機能を持つ樹状細胞の作製が期待できるとして着目。これまでにマウスのiPS細胞から作った樹状細胞で、皮膚がんの一種「メラノーマ」に対する効果を確認していた。

 今回の研究では、健康な人のiPS細胞から作った樹状細胞を、試験管内でリンパ球と掛け合わせることで、がん細胞が破壊された。マウスを用いた研究でも効果があったことが確認され、胃がんや大腸がんなどが代表的な消化器がんについても効果があることを立証した。

 今後は、がん患者の細胞からも同様の成果が得られることを示すための研究を進める。iPS細胞は、一度の採血で作り続けることができるため、臨床応用されれば患者の負担軽減も期待できるという。

 研究グループは、「消化器がんは患者数が多く、多くの方に希望の光が見える研究結果といえる」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ