PR

地方 地方

自民神奈川県連の新幹事長に土井氏 「統一地方選、全力で」

Messenger

 自民党県連は18日、横浜市内で県連大会を開き、幹事長の竹内英明県議が3月末で退任し、後任に筆頭副幹事長の土井隆典県議が就任する人事を決めた。新たな総務会長に桐生秀昭県議、政調会長には嶋村公県議が就任する。竹内県議は平成19年から11年間にわたって幹事長を務めてきた。新体制を早期に構築したうえで、来年の統一地方選と参院選に臨む構え。

 竹内県議は「新体制に期待しながら、今後も(県議として)手伝っていきたい」と語った。土井県議は「まずは来春の統一地方選の勝利に向けて全力に取り組んでいきたい」と抱負を述べた。

 国家公安委員長の小此木八郎県連会長は「森友問題に関連して、国会で議論が続いているが、内閣の一員としても、しっかりと解明、調査しないといけない」と強調したうえで、「県連が力を蓄え、率先して前に進んでいきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ