PR

地方 地方

山陰道の一部、「朝山・大田道路」が開通 ラウンドアバウト併設

Messenger

 島根・鳥取両県の大動脈「山陰道」の一部となる朝山・大田道路(島根県大田市)が18日開通し、現地で記念式典や祝賀行事などが行われた。

 朝山・大田道路は、大田朝山インターチェンジ(IC、同市朝山町朝倉)-大田中央・三瓶山IC(同市久手町刺鹿)間の6.3キロ区間。暫定2車線の自動車専用道路で通行料無料。大田朝山ICには進入部分にラウンドアバウト(環状交差点)が2つ併設されている。

 同道路の開通で、従来の国道9号で事故多発の交通難所となっていた仙山峠を回避し、同区間の通過時間を約2分短縮する見込み。同道路の東側に当たる多伎・朝山道路(出雲市多伎町久村-大田市朝山町朝倉、9キロ)は、平成30年度中に開通の予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ