PR

地方 地方

広島国際会議場の屋内に喫煙ブース 市改正条例施行を考慮

Messenger

 これまで屋外の喫煙が認められてきた広島国際会議場(広島市中区)で4月以降、屋内に限り喫煙ブースが設置される。4月の市改正条例施行に伴い、会議場のある平和記念公園は屋外の喫煙が全面禁止されるが、屋内も完全禁煙にした場合の国際会議誘致への影響を懸念。市内部で検討した結果、喫煙ブースを新設することで決着した。

 従来の市条例では、平和記念公園を含む3・1平方キロメートルを喫煙制限区域とし、屋外の公共の場所では原則、喫煙を禁じていたが、市などの管理者が施設に灰皿や喫煙ブースを設けた場所は除外。広島国際会議場では外階段の踊り場やスタッフの通用口に灰皿を設置してきた。

 しかし平成28年9月、市議会で条例改正案が可決。屋外では管理者の市が喫煙ブースや灰皿を設置した場所でも例外なく禁煙とするため、広島国際会議場の対応が注目されていた。

 市内部で検討した結果、ホールや会議室の利用は長時間に及ぶ場合が多く、屋内も禁煙にすれば、喫煙者が短い休憩時間内にたばこを吸えず、国際会議誘致にも悪影響を及ぼす可能性が浮上。市は新たに喫煙ブース2基を、屋内の地下1階のエスカレーター近くの人通りの少ない場所に設置することを決めた。

 ともに高性能粉塵(ふんじん)・ガス吸着フィルターを備え、1基に最大8人収容できる。

 市の担当者は「決定までには苦慮したが、高性能のフィルターがついた喫煙ブースを設置することで受動喫煙防止には最大限の配慮をした」と説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ