PR

地方 地方

【水泳】金藤理絵選手が引退会見 リオ五輪競泳女子で金

引退記者会見で笑顔を見せる、リオ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダルの金藤理絵選手=16日午後、岐阜県庁
Messenger

 7日に現役引退を発表した2016年リオデジャネイロ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダルの金藤理絵選手(29)=Jaked=が16日、岐阜県庁で記者会見し「1年半休んだ状態で、20年東京五輪にたとえ出ることができても(頂点へ向けて)戦えるまでのコンディションに戻すのは不可能」と緊張した面持ちで理由を説明した。

 東海大水泳部の先輩と昨年結婚した金藤選手は4月の日本選手権を前に「きちんと答えを出さないといけない時期だと思って決断した」という。一方で「さみしい気持ちもある。すっきりしたという感情は生まれていない」と複雑な心境も吐露した。

 腰痛に苦しむなど不遇の時期も長かった競技人生を送った遅咲きのスイマー。最も思い出に残ったレースには27歳の時、200メートル平泳ぎで2分19秒65の日本記録をマークした平成28年の日本選手権を挙げた。今後は岐阜県内で定期的に水泳教室などを行い「選手と指導者の懸け橋になれたらいい」と前を見据えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ