PR

地方 地方

観光列車でプレミアムな旅を 熱く、涼しく楽しんで JR四国、夏ツアー発表

Messenger

 JR四国は、観光列車で四国4県を巡るプレミアムツアー「四福(しふく)の物語」の夏ツアーを発表した。「夏清(なつすがし)の章」と「四国の“熱い夏”の章」の2企画。観光列車の「伊予灘ものがたり」や「しまんトロッコ」での旅をメインに楽しめる内容になっている。

 「夏清の章」は7月21日と9月10日出発で2泊3日。定員各24人。1日目は今治駅に集合して、チャーター船でのしまなみクルーズのあと、伊予灘ものがたり・八幡浜編に乗車、松山・道後温泉のホテルで宿泊。2日目はしまんトロッコで四万十川沿いの景観を楽しみ、仁淀川の清流沿いを散策、土佐工芸村「クラウド」で宿泊する。3日目は高知県立牧野植物園を見学、徳島県の祖谷・大歩危観光のあと、「四国まんなか千年ものがたり」に乗車、香川・多度津駅で解散する。

 7月のツアーでは伊予灘ものがたりに愛媛県出身の俳人、夏井いつきさんが同乗し、吟行の旅となる。

 「四国の“熱い夏”の章」は8月11日出発の3泊4日。定員24人。初日は今治駅集合。しまなみクルーズ、伊野灘ものがたりの旅を楽しんで、夕食は肱川の大洲うかい遊覧船で味わい、宇和島で宿泊。2日目は遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の段畑を見学、国内最高気温41・0度を記録した同じ日(8月12日)に高知県四万十市の江川崎駅からしまんトロッコに乗車、高知市内でよさこい全国大会(後夜祭)を見学、桂浜荘に宿泊。3日目は高知県内観光後、ケーブルカーで降りる秘境の湯・ホテル祖谷温泉に泊まり、池田阿波おどり前夜祭を鑑賞する。最終日は祖谷・大歩危めぐりのあと、千年ものがたりの旅を楽しむ。

 夏清の章は7月分が15万5千円~17万5千円、9月分は12万5千円~14万5千円。受け付けは7月分が4月30日まで、9月分は6月30日までで、多数の場合は抽選。“熱い夏”の章は17万5千円~21万円で、4月30日まで受け付ける。多数は抽選となる。

 同社によると、同物語の2つの春ツアーには定員計48人に116人の申し込みがあったという。

 申し込み・問い合わせは旅の予約センター(電)087・825・1662。JR四国ツアー専用ページなどでも受け付ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ