PR

地方 地方

小さな桜守たち励ます 「北の桜守」出演の吉永小百合さん、奈良・吉野小を訪問

Messenger

 公開中の映画「北の桜守(さくらもり)」で、北の大地で桜守として桜を育む母親を演じた女優、吉永小百合さん(72)が12日、桜の保全に取り組む吉野町立吉野小学校を訪れ、児童たちに園芸用スコップなどを贈呈した。

 「北の桜守」は第二次世界大戦下、旧ソ連軍に樺太を追われ、北海道で生き延びた日本人家族を描いた作品。吉永さんにとっては120本目の出演作となる。

 桜の名所として知られる吉野町では、町を挙げて桜の保全に取り組んでいる。同小では10年以上前から毎年、全児童で種から苗を作り、吉野山で植樹活動を行っている。

 吉永さんは盛大な拍手で迎えられ、体育館に登場。児童たちが桜の植樹活動について発表すると、「本物の桜守ですね。何本ぐらい山に返せるのですか」と問いかける場面も。児童からの「演じるときに何が難しかったですか」という質問には「桜に対する思いをどう出すかです。桜に元気になってねという思いを込めて演じました」と真剣な表情で答えていた。

 6年生の泉田未来(みく)さん(12)は「(吉永さんが)キレイでびっくりした。吉野山にもっと桜を咲かせるように頑張りたい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ