PR

地方 地方

熊本市議会が規則改正案 議場入場制限を明文化

Messenger

 熊本市の緒方夕佳市議(42)が乳児を連れて議会出席したことが問題になった同市議会で、主要会派で作る議会運営委員会は9日、議員以外の入場を制限する内容の会議規則改正案をまとめた。12日の本会議に提案し、採決される見通し。

 市議会では昨年、緒方氏が生後7カ月の長男を連れて議場入りし、議事進行を妨げたとして厳重注意を受けた。

 現行の会議規則では議場への入場について明文化した規定がない。自民党市議団が今年2月、議運委で改正案を提案した。案では、議員以外に入場できるケースを「議長から出席を求められた者」「議長が特に必要と認める者」に限っている。

 この日の議運委では、各会派から反対意見は出なかった。緒方氏は取材に「案が示した基準はあいまいで、子連れは認められないと感じる。急いで改正することに違和感を覚える。もっと議論する必要がある」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ