PR

地方 地方

長野・下條の仕出し店でノロ感染

Messenger

 県飯田保健所は7日、下條村の仕出し店「吉丸屋」の弁当を食べた3グループ(20~60代)の男女12人がノロウイルスによる食中毒を発症したと断定し、同日から3日間の営業停止を命じた。

 同保健所によると、弁当は2日に昼食として飯田市内などの会社へ配食された。12人は同日深夜から吐き気などの症状が出たため、同保健所が施設の拭き取り検査などを実施。その結果、ノロウイルスが検出された。全員快方に向かっており、入院患者はいない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ