PR

地方 地方

オンブズマンが監査請求、4県議の政活費返還求める 埼玉

Messenger

 市民団体の狭山市民オンブズマン(田中寿夫代表幹事)は7日、上田清司知事に対し、自民党県議団を通じて、県議4人に支払われた平成25~28年度までの政務活動費の一部について返還させるように求める監査請求を提出した。同オンブズマンは、4人に支払われた政活費計5629万4864円が違法、不適切な支出としている。

 同オンブズマンの調査によると、実際には使われていない事務所費が政活費として支払われていたり、住まいとして利用しているのに事務所扱いにして政活費を請求しているケースなどがあるという。田中代表幹事は7日に開いた記者会見で、「今月中にほかの自民県議3人の監査請求も予定している」と明かした。

 また、同オンブズマンは監査請求した県議4人のうちの1人について、28年に届け出がない政治団体が自民党県連から寄付を受けたとして、政治資金規正法違反の罪で、1日付で県警に告発状を提出したことも明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ