PR

地方 地方

「夢を叶える」や「小中学生部門」も 橋本でオムレツ・コンテスト

Messenger

 鶏卵の生産量が多いことから「オムレツのまち」としてPRする橋本市で、「和歌山はしもとオムレツコンテスト」が行われた。

 理想のオムレツをイラストにし、プロの調理人が仕上げる新部門の「あなたの夢を叶えます部門」では、小学2年の阿瀬一花さん(8)が考えたメロンをまるごと1個使ったデザートオムレツ「メロンオムレツ」が優秀賞に。同市の飲食店のシェフ、中岡陽介さん(40)が会場で調理し、果実を星形にしたり、煮詰めたりして仕上げた。中岡さんは、「子供たちに喜んでもらえることを第一に考えた」と話した。

 「小中学生部門」には6組が参加。たこ焼き器を使ったプチオムレツや、紀の川が流れる風景を表現した作品など個性豊かなオムレツが完成した。丸くしたチーズオムレツや特産ゴボウなどを串刺しにした「コロコロオムレツwith橋本ベジタブル」が優秀賞に選ばれ、小学6年、宮倉杏奈さん(12)は「何度も練習して作ったので、とてもうれしい」と話した。

 一般部門では特産のひね鶏などを使った「クルトン入り橋本オムレツ(ケチャップ添え)」を考案した主婦、森川弘子さん(75)が優秀賞に選ばれた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ