PR

地方 地方

ハロー、山川登美子さん 小浜で学生時代のノートなど展示

Messenger

 小浜市出身の歌人、山川登美子(1879~1909年)が学生時代に使ったノートなどを通じて、英語に親しんでいたことを紹介する企画展「ハロー、登美子さん」が、小浜市千種の山川登美子記念館で開かれている。12日まで。

 登美子は大阪のキリスト教系の梅花女学校で英語教育を受け、明治37(1904)年に日本女子大英文学部に入学。学生時代は英語を熱心に学んでいた。

 福井大付属図書館が所蔵する日本女子大在学中のノートは一部を拡大して複写。英会話や英文法を学んだ記述が残っている。明治時代の英語教育を知ってもらおうと、当時の英和・和英辞典、子供向けの教材も展示している。

 同記念館は「登美子は英語を熱心に勉強し、英語教師として自立しようと考えていたのかもしれない。英語に対する気概を感じてほしい」としている。

 観覧料300円(高・大学生は200円)。問い合わせは同記念館(電)0770・52・3221。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ