産経ニュース

ウミガメ保護団体解散へ 屋久島、担い手確保できず

地方 地方

記事詳細

更新


ウミガメ保護団体解散へ 屋久島、担い手確保できず

屋久島の浜で、ウミガメの大きさを測るボランティア=NPO法人「屋久島うみがめ館」提供 屋久島の浜で、ウミガメの大きさを測るボランティア=NPO法人「屋久島うみがめ館」提供

 国内最大のウミガメ産卵地として知られる鹿児島県の屋久島で、約30年にわたり保護や調査を続けてきたNPO法人「屋久島うみがめ館」が2日、12月末で解散すると発表した。担い手が確保できず、活動を継続できないとして、1日の臨時総会で解散を決議した。

 同法人は、代表の大牟田一美氏(67)=屋久島町=が昭和60年に前身団体を設立し、生態調査を始めた。

 平成5年、屋久島が世界自然遺産に登録されると観光客が増え、ウミガメの産卵場所が踏み荒らされることもあった。大牟田氏らは産卵・孵(ふ)化(か)が活発になる5~9月に、卵を人に踏まれない場所に移して守り、個体計測など調査を続けた。

 活動には国内外から累計1千人以上のボランティアが参加した。しかし、スタッフの退職が相次ぎ、大牟田氏も体調を崩して継続が難しくなった。

 大牟田氏は2日、鹿児島県庁で記者会見し「浜が荒れて産卵率が低下し、将来、ウミガメの減少につながることが懸念される。行政が主体となって活動を続けてほしい」と訴えた。

 環境省屋久島自然保護官事務所は「ウミガメ保護に多大な貢献をされた。簡単に引き継げるものではないが、県や町と連携して今後の取り組みについて検討したい」としている。