産経ニュース

起業家ら交流スペース 神戸のITベンチャー、谷上駅直結ビルに計画

地方 地方

記事詳細

更新


起業家ら交流スペース 神戸のITベンチャー、谷上駅直結ビルに計画

交流スペースについて説明するチャットワークの山本敏行社長=神戸市中央区 交流スペースについて説明するチャットワークの山本敏行社長=神戸市中央区

 ITベンチャー企業「ChatWork(チャットワーク)」(神戸市北区)の山本敏行社長(39)は1日、同市役所で記者会見し、起業を目指す人や経営者らが意見交換や議論ができる交流スペースを、同区の北神急行電鉄・神戸電鉄谷上駅直結のビルに開設すると発表した。山本社長は「谷上から日本を変えるプロジェクトが生まれてほしい。起業家らが未来を語り合える場所にできれば」と述べた。

 山本社長が手がける起業家育成支援「谷上プロジェクト」は市のふるさと納税の適用事業に認定されている。交流スペース開設の総事業費は1500万円で、資金集めにはクラウドファンディングも活用する。

 交流スペースはビル1階に設置し、床面積113平方メートル。5月下旬のオープンを目指しており、1回の利用料金は500円を想定。スペース内にはバーカウンターを置き、プレゼンテーションができる場所も設ける。起業家らに地方創生や働き方改革などさまざまなテーマを議論し、今後の活動に生かしてもらうのが狙い。

 チャットワークはプロジェクトへの起業家らの参入を呼びかけており、人材派遣業や広告会社など8社が交流スペースが入るビルに事務所を移したという。

 山本社長は「多様な分野の拠点として1年間で100社程度の参入を目指したい」と述べた。