PR

地方 地方

矢巾スマートIC、24日開通 岩手で初

Messenger

 県や東日本高速道路盛岡管理事務所などは、盛岡市の南隣にある矢巾町の東北道矢巾パーキングエリア(PA)に接続する形で整備が進んでいた矢巾スマートインターチェンジ(IC)が24日開通すると発表した。県内初のスマートICで、物流業者が集積している岩手流通センターに近いため、関係者は、物流の効率アップから企業誘致や地域産業の活性化が進むと期待している。

 矢巾スマートICは、紫波IC-盛岡南IC間に位置するETC専用のIC。平成25年から整備が進められていた。

 矢巾町では、31年9月の開院に向け岩手医大付属病院の建設工事が進行中で、同病院が完成後には救急患者の搬送も容易になるとみられる。達増拓也知事は「県民の安全・安心な暮らしや産業の振興に大きく寄与すると確信している」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ