産経ニュース

日本郵便・ヤマト運輸・宮崎交通が路線バス相乗りで効率化 運転手不足解消へ

地方 地方

記事詳細

更新


日本郵便・ヤマト運輸・宮崎交通が路線バス相乗りで効率化 運転手不足解消へ

路線バスの前で写真に納まる(左から)日本郵便、宮崎交通、ヤマト運輸の各ドライバー=20日、宮崎県西米良村 路線バスの前で写真に納まる(左から)日本郵便、宮崎交通、ヤマト運輸の各ドライバー=20日、宮崎県西米良村

 宅配大手が、運転手不足を解消しようと、輸送網の一部でバスや鉄道会社の路線を使い、荷物を運ぶ事業を本格化している。日本郵便とヤマト運輸は、宮崎交通(宮崎市)の路線バスを活用した「貨客混載」による共同輸送を、宮崎県西米良村と西都市とを結ぶ路線で始めた。鉄道やバスが同じ乗り物で乗客と荷物を運ぶ貨客混載で、複数の宅配大手が相乗りするのは全国で初めてだという。

 宮崎交通とヤマト運輸は平成27年10月から、中山間地である両地点を結ぶ約45キロの区間で、貨客混載のバスを1日2往復、運行している。ヤマト運輸は運転手の負担を軽減し、配車を効率化しようと、貨客混載での実績を積み重ねてきた。

 バスを利用すれば、宅配便の運転手は、拠点から配達区域まで1日に何度も往復する必要がなくなり、ガソリン代などの負担は抑えられる。

 県内に同日中に配達できるようになったり、集荷の受付時間を延ばせたりするといったサービス拡充にもつながる。こうして中山間地での宅配コストの引き下げに成功した。

 一方、宮崎交通にとっては、乗客数が伸び悩む中で、貨客混載による荷物の配送が、今や欠かせない収益源になっている。同社はヤマト側から輸送料を得て、路線の採算性の向上を図っている。

 特産品を輸送することで、地域経済の活性化につなげようという相乗効果も期待できるようになった。

 日本郵便は現在、同区間を独自に1日3往復している。今回、ヤマトと宮崎交通による貨客混載のうち片道1便で、新たに日本郵便の郵便物(ゆうパック)なども運び、さらなる効率化を目指す。

 日本郵便は、同区間で郵便物の輸送を担う人員を3人から2人に減らせるという。

 西米良村で20日に開かれた出発式に出席した日本郵便の福田聖輝副社長は「労働力が不足する中で一緒にできるのはうれしい」と共同輸送の意義を強調した。

 宮崎交通の菊池克頼社長も、貨客混載でさまざまな連携が可能とした上で「宮崎の取り組みが全国の過疎地などに広がっていってほしい」と願った。

 ヤマト運輸の小菅泰治常務執行役員は「各地域で、できる所があれば積極的に取り組む」と意欲を示す。

 政府も後押しする。運輸行政を担う国土交通省は貨客混載に関し「過疎地域で宅配サービスを維持するための1つの手段だ」(幹部)などとして、普及を促す。二酸化炭素の排出削減にもつながると期待する。

 同省は今回の事例について、国の補助制度に応募できる「総合効率化計画」として認定した。

 昨年9月には、物流効率化と地域交通の維持に向け、トラックが旅客を乗せたり、バスやタクシーが貨物を運んだりする自動車運送での貨客混載の対象範囲を拡充した。

 拡充の対象は、過疎地を抱える3万人未満の市町村で営業するバスやトラック業者などで、乗り合いバスで350キロ未満だった貨物の重量制限も撤廃した。

 トラックやバスの業界では、運転手不足がこの先、さらに深刻化するとの懸念がある。それだけに、物流の体制を見直し、より効率的に荷物を届ける仕組み作りを急ぐ必要性が高まりそうだ。