産経ニュース

准看護師試験で開始時間前に正答公開 職員ミスで埼玉県HPに

地方 地方

記事詳細

更新


准看護師試験で開始時間前に正答公開 職員ミスで埼玉県HPに

 県は23日、18日に実施した平成29年度准看護師試験の正答が試験開始1時間30分前に県のホームページ上で閲覧可能な状況になっていたと発表した。試験終了時間まで閲覧記録はなかった。県は事前に正答を掲載したことに対し謝罪した。

 県によると、准看護師試験は18日午後1~3時半に実施されたが、20代の女性職員が午前11時半に県のホームページの製菓衛生師試験の正答欄に誤って准看護師試験のファイルを張ってしまったという。

 19日の午前10時半に掲載の誤りを指摘する電話があり、ミスが発覚、10時45分に正しいファイルに張り替えた。県は閲覧記録を確認したが、試験時間中のアクセスはなかった。

 県の調査によると、女性職員は製菓衛生師試験と准看護師試験の正答を同じファイル名にしていた。9日に4月に公開する29年度衛生試験結果の編集作業を行った際、准看護師試験の正答が上書き保存された状態になってしまったという。

 18日に衛生試験の実施情報を更新した際、内容が准看護師試験に入れ替わったファイルも更新され、誤って掲載されてしまった。

 准看護師試験の正答は合格発表の3月8日に掲載する予定だった。県保健医療政策課は「試験終了後に行うべき作業を前倒しで行ったことやチェック体制が不十分だった」と述べ、再発防止を図る方針だ。

 准看護師試験は関東甲信越の1都8県で統一の問題で同日に行われており、県内は18日の試験で688人が受験した。