産経ニュース

「運輸業は支え合いが基本」 西鉄社長、JRダイヤ改正に理解

地方 地方

記事詳細

更新


「運輸業は支え合いが基本」 西鉄社長、JRダイヤ改正に理解

 西日本鉄道の倉富純男社長=写真=は22日の記者会見で、運行本数の削減を盛り込んだJR九州のダイヤ改正について「持続可能な公共交通に取り組むのは、JRさんもうちも一緒だ」と理解を示した。

 倉富氏は、路線の維持には、沿線自治体や乗客と、情報や考え方を共有することが重要との認識を示した。「お客さまや市町村にも当事者意識を持ってもらう。事業者もできる努力をやっていく。支え合うのが運輸業の基本だ。そうでなければ、高齢化社会を迎える中で、公共交通はだめになる」と語った。