産経ニュース

【法廷から】「天使が落ちてきた」「子供は死なない」熊谷6人殺害ペルー人被告 奇々怪々な発言連発

地方 地方

記事詳細

更新

【法廷から】
「天使が落ちてきた」「子供は死なない」熊谷6人殺害ペルー人被告 奇々怪々な発言連発

捜査員に囲まれながら車に乗り込み、埼玉県警熊谷署に移送されるナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(中央)=平成27年10月8日午後1時半、埼玉県深谷市の深谷赤十字病院(菅野真沙美撮影) 捜査員に囲まれながら車に乗り込み、埼玉県警熊谷署に移送されるナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(中央)=平成27年10月8日午後1時半、埼玉県深谷市の深谷赤十字病院(菅野真沙美撮影)

 ナカダ被告は「はぁー、はぁー」と息を漏らしてから、「覚えておりません」と5回繰り返した。続けて弁護側から「人を殺したことを覚えていないということですか」と問われると、再び「覚えておりません」と答えた。そして、「わかりますか」と自ら問いかけ、弁護側に「話を続けてください」と促されると、「とてもおもしろかった。おもしろかった」とつぶやいた。通訳に聞き返されると、「おもしろかった」と3回繰り返した。

 事件については無言

 ナカダ被告がそれまでの公判で発した独り言についての質問では、「私にどうして話をさせてくれないのか。私の裁判なのだから、私に話をさせてくれ」と言っていたことについて、弁護側から「何を話そうとしたのか」と聞かれると「もう遅い」と一蹴した。

 ナカダ被告の姉の証人尋問の日には、「川越で何が起きたか思い出した。今分かった。人の肉を食べさせられた」と発言しており、この発言について問われると、「私に猫が言った」と答えた。不毛なやり取りが続く中、ナカダ被告は急に「耳鳴りがする」と言い出し、またしても公判に関係ないと思われる話を始めた。

 「なぜ耳鳴りがするか。それは聞こえないためです」と話し「だって全部夢でしたから。そして天使が落ちてきた。落ちてきた。落ちてきた」。さらに、天を仰ぎながら、「白い空が見ることができた。落ちていたところが見えた」などと発言。弁護側から「ここで少し休憩をいただきましょう」と提案され、休廷となった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「天使が落ちてきた」「子供は死なない」熊谷6人殺害ペルー人被告 奇々怪々な発言連発
  • 「天使が落ちてきた」「子供は死なない」熊谷6人殺害ペルー人被告 奇々怪々な発言連発
  • 「天使が落ちてきた」「子供は死なない」熊谷6人殺害ペルー人被告 奇々怪々な発言連発
  • 「天使が落ちてきた」「子供は死なない」熊谷6人殺害ペルー人被告 奇々怪々な発言連発