産経ニュース

松江で「ゆうあい作品展」 支援学校・学級などで学ぶ子供の力作ずらり

地方 地方

記事詳細

更新


松江で「ゆうあい作品展」 支援学校・学級などで学ぶ子供の力作ずらり

 松江市内の特別支援学校・学級・幼児教室で学ぶ子供たちによる「ゆうあい作品展」が、同市の島根県立美術館ギャラリーで開かれている。19日まで。入場無料。

 作品展には、幼稚園児や小・中学生ら428人が約1500点を出展。絵画や版画、書道、陶芸などさまざまなジャンルの力作が並んでいる。目を引くのが、高さ約4・5メートルの共同制作モニュメント。「森の不思議な生き物たち」と題し、各校の児童・生徒たちが小さな発泡トレーに動植物やキャラクターなど思い思いの絵を描き、つなぎ合わせた大作だ。それぞれの絵に紙や毛糸、セロハンなどで装飾が施され、楽しい作品に仕上がっている。

 作品のほか、各校や教室などでのさまざまな取り組みなども紹介されている。