産経ニュース

若山牧水賞・三枝さん「今ある作品大切に」 宮崎

地方 地方

記事詳細

更新


若山牧水賞・三枝さん「今ある作品大切に」 宮崎

若山牧水賞を受賞した三枝浩樹さん 若山牧水賞を受賞した三枝浩樹さん

 宮崎県出身の歌人、若山牧水にちなみ、毎年県などが優れた歌集の作者に贈る「第22回若山牧水賞」の授賞式が、宮崎市で開かれた。受賞した山梨県甲斐市在住の歌人、三枝浩樹さん(71)は今後の抱負について「今ある作品を大切に、より深めたい」と語った。

 受賞作は歌集「時●(=示へんに寿の旧字体)集(じとうしゅう)」。山梨の風土や豊かな自然をはじめ、人生や家族を多面的に詠んだ。「暮らしの中の小さなことを取り上げ、時代や政治など大きなテーマに向き合いたい」と述べた。

 今年没後90年を迎えた若山牧水については「隠れた魅力がまだある。閉塞(へいそく)感が漂う現代でこそ、若者に歌を掘り返してほしい」と話した。

 三枝さんは山梨県甲府市出身。県内の高校で英語教師をしながら歌を作り続けた。短歌結社「沃野」の代表も務める。兄は歌人の三枝昂之さん(74)。