産経ニュース

「天使」「空からミサイル」 熊谷6人殺害公判 質問中に夢の話

地方 地方

記事詳細

更新


「天使」「空からミサイル」 熊谷6人殺害公判 質問中に夢の話

 熊谷市で平成27年9月に小学生2人を含む6人が殺害された事件で、さいたま地裁で9日に開かれた裁判員裁判第9回公判の被告人質問。強盗殺人などの罪で起訴されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)はうつむき加減で「天使が落ちてきた」「空から来ていたのはミサイルでした」などの不明瞭な発言を繰り返した。

 上下黒のスエット姿で法定に姿を現したナカダ被告。被告人質問の最中に突如、夢の話を始めることがあり、天使やミサイルの話をした。質問に答えなかったり、数秒たってから「今の質問は何だったのですか」などと聞き返すことも。一方で、事件に関する部分には「覚えていません」と答え、一切語ろうとしなかった。

 検察側から「お母さんは天使みたいな人と言っていましたね。お父さんはどんな人ですか」と聞かれると「日本人みたいな人」と答えた。「それはどういう人か」と聞かれると「わからない。知りたくもないです」と答えた。

 妻と娘2人を殺害された男性の質問でも話題をそらし、男性に対し「私はあなたのことは知りません」と言い放った。男性は「とぼけているだけじゃないんですか」と聞いたが、ナカダ被告は「私が殺したんですか」「子供は死なないんです」などと発言。傍聴席からはすすり泣くような声も聞こえた。

 ナカダ被告は終始、うなだれるような姿勢を取り、力のない声で話していたため、時折マイクが声を正確に拾わないことがあった。佐々木直人裁判長から体を起こしてマイクに近付くようにうながされた際には「私はマイクに近づけない」などと答え、すぐには指示に従わなかった。また、被告人質問が終わると机に突っ伏して寝るような姿勢を取っていた。

 次回公判は2月13日午後1時半から行われる予定。