産経ニュース

【ニュースの深層】安定だけでは駄目? 知事もうなる北海道庁内定者6割超、衝撃的辞退のワケ

地方 地方

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
安定だけでは駄目? 知事もうなる北海道庁内定者6割超、衝撃的辞退のワケ

北海道庁の本庁舎。約6割の内定辞退率で衝撃が走った=札幌市中央区(杉浦美香撮影) 北海道庁の本庁舎。約6割の内定辞退率で衝撃が走った=札幌市中央区(杉浦美香撮影)

 高橋知事も「札幌市に3割弱の方が行かれるのは、転勤がないからということで説明できるかもしれません」としている。 転勤が避けられないため、子供の進学や住宅購入などを考えて、道庁よりも地元の自治体を希望する学生が増加しているようだ。

 「道庁に就職すると、3年おきぐらいで異動がある。退職するまで家を建てられない、と思って転職した」。大卒で道庁に就職したものの、約半年で札幌市近郊の市役所に転職した40代男性はこう振り返る。

 現在の役所と道庁と給与に差はないが、異動があると単身赴任で二重生活になり、家計は苦しくなるし、親の介護もある。

 ただ、「所帯が小さい自治体では、同じ人間関係がついてまわるという面倒くさい点もある」とデメリットも指摘する。

 ある道庁幹部は「内定辞退率もそうだが、問題なのは入庁から3年以内の離職。行財政改革の採用手控えで、主任層が手薄になり、仕事上の指導者がいないことが要因になる」という。

 第一希望は札幌市役所

 資格取得希望者が通う「東京リーガルマインド札幌本校」によると、同校に通う公務員志望の学生の人気第1位は札幌市役所、続いて国家一般職、3位が道庁だ。

 同校の長内宏樹支店長は「地元志向」は北海道だけが突出しているというわけではなく、札幌以外でも地元自治体を志望する傾向があるという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安定だけでは駄目? 知事もうなる北海道庁内定者6割超、衝撃的辞退のワケ
  • 安定だけでは駄目? 知事もうなる北海道庁内定者6割超、衝撃的辞退のワケ