産経ニュース

山形県民の警察官表彰式 奥山、千原両警部補に栄誉 「職務完遂へ一層の努力」

地方 地方

記事詳細

更新


山形県民の警察官表彰式 奥山、千原両警部補に栄誉 「職務完遂へ一層の努力」

 県民の安全と財産を守るため尽力している優秀な警察官を表彰する平成29年度「山形県民の警察官」(産経新聞社主催)の表彰式が1日、山形市の県自治会館で行われ、米沢署地域係長、奥山和徳警部補(59)と寒河江署交通係長、千原哲(ちはら・さとし)警部補(52)に「県民の警察官章」が贈られた。

 表彰式では、産経新聞社の船津寛地方部長が「2人の活躍ぶりは産経新聞東北版でも紹介されました。警察官の姿を広く知っていただくことが県民の安全安心、犯罪防止にもつながると確信します。ますますのご活躍を期待します」とあいさつ。その後、選考委員会の佐川範夫座長が選考経過を説明し、船津部長が表彰状と県民の警察官章を贈った。

 奥山警部補の美子(よしこ)夫人と千原警部補の利津子夫人には内助の功をたたえ、さくらんぼテレビジョンの冨澤弘行常務取締役が協賛団体からの記念品と吉村美栄子知事からの花束を贈った。

 2人の受章を祝福し、栗生俊一(くりゅう・しゅんいち)警察庁長官からの「多年にわたる功労が認められて顕彰され、県警はもとより警察全体の誇り。今後も職務に精励して国民の期待に応えるようご健闘を祈ります」とするメッセージも披露された。

 県警の加藤伸宏本部長は「2人の栄誉は受章者のみならず、本県警察職員一同の喜び。受章者を支えてこられたご家族に深く感謝します。今回の受章を契機に一層の活躍を期待します」とあいさつした。

 受章者を代表して、奥山警部補は「県民の警察官章を受章したことは、警察官としてこの上ない名誉であり、生涯忘れることのできない最高の栄誉。気持ちを新たにして県民のために職務を完遂できるよう一層の努力を進めます」と謝辞を述べた。

                   ◇

【主催】産経新聞社

【後援】山形県、県議会、県防犯協会連合会、県交通安全協会

【協賛】県指定自動車教習所協会、東北電力山形支店、第一貨物、東日本旅客鉄道山形支店、日東ベスト、さくらんぼテレビジョン、農機連、寒河江市周年観光農業推進協議会、県百貨店協会、米鶴酒造、小澤商店、東北産経会南東北地区会、大野自動車販売、ホテルキャッスル、産経新聞酒田販売所

【協力】県警察本部、産経東日本企画山形 (順不同)