産経ニュース

熊谷6人殺害初公判 被告「カップ頭の上に」…独り言も、不規則発言繰り返す

地方 地方

記事詳細

更新


熊谷6人殺害初公判 被告「カップ頭の上に」…独り言も、不規則発言繰り返す

 熊谷市で平成27年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件の裁判員裁判初公判で、強盗殺人などの罪で起訴されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)は「私もカップを頭の上に置いた」などと不規則発言を繰り返した。公判中は落ち着かない様子で、勝手に話し出して裁判長に制止される場面もあった。

 検察官が起訴状を読み上げた後、佐々木直人裁判長から認否を問われたナカダ被告は「『このカップはなんのためのカップですか』『水を飲むためではないですか』。その人は頭の上にカップを置き、私もカップを頭の上に置いた」と裁判とは無関係とみられる発言をした。

 この日の公判では、傍聴人が法廷に入る前にナカダ被告が入廷。上下黒っぽい服を着て、通訳用のイヤホンを付けた右耳に手を当て、頭を抱えるような姿勢で座り、法廷のドアが閉まると、傍聴席をにらみつけた。その後、起立するよう促されても動こうとしなかった。ナカダ被告は佐々木裁判長に名前や生年月日などを尋ねられても答えず、最初に話したのは「最初からやり直していただけないでしょうか」。その後はぼそぼそと、振り絞るような声で答えた。

 ナカダ被告が独り言をつぶやき裁判長に「静かに」と注意される一幕も。スペイン語の通訳を介して制しようとしたが、ナカダ被告は身ぶり手ぶりを交えて何かを訴えようとし続けた。最後に、佐々木裁判長から「指示に従ってください。法廷にいられなくなりますよ」と強く注意されると、静かになった。

 公判を傍聴していた女性は「話を聴いていない印象で態度がよくない」と非難した。