産経ニュース

ザトウクジラが豪快ジャンプ 奄美大島近海で来遊ピーク

地方 地方

記事詳細

更新


ザトウクジラが豪快ジャンプ 奄美大島近海で来遊ピーク

水しぶきを上げながら海面に姿を現したザトウクジラ 水しぶきを上げながら海面に姿を現したザトウクジラ

 冬場にザトウクジラの繁殖海域となっている鹿児島県の奄美大島近海で、クジラの来遊がピークを迎える。鯨類調査を兼ねたホエールウオッチングも催され、迫力ある姿にツアー客の大歓声が上がる。

 ツアーには島内外から観光客が参加する。クジラの親子連れの姿も確認でき、海面をジャンプしたり、胸びれで海面をたたいたりするたびに喝采を送る。横浜市から初めて来たという女性(50)は「奄美大島のクジラはインターネットで知った。近くで見られて楽しかった」と語った。

 環境省の委託で調査を行っている奄美クジラ・イルカ協会の興克樹会長によると、最近は確認される数が増え、ツアー客も増加しているという。

 興氏は「クジラの自然な行動を妨げないよう心掛けたい。沖縄を含む繁殖海域全体で、生態を解明したい」と話した。