産経ニュース

松山-札幌便3月再開 6年半ぶり 1日1往復

地方 地方

記事詳細

更新


松山-札幌便3月再開 6年半ぶり 1日1往復

 全日空とアイベックスエアラインズは、松山-札幌(新千歳)便を3月25日から共同運航すると発表した。同路線は平成23年11月に運休して以来、6年半ぶりの再開。

 ダイヤは1日1往復で、松山発が午前11時35分、札幌発が午後2時半。所要時間は松山発が2時間10分、札幌発は2時間15分。

 1月25日からチケットを発売し、料金は3月25日~4月9日分は就航記念の特別割引で9800円から、4月11~28日分は1万1900円から-などとなっている。

 使用機材はアイベックスエアラインズのボンバルディアCRJ700(70席)。チケットの販売は両社で行う。チェックインなどは全日空カウンターを使用する。年間4万人程度の利用を目標にしている。

 中村時広知事は「四国と北海道を結ぶ唯一の定期路線で、観光やビジネスなどに利用いただき、交流人口の拡大や地域経済活性化に寄与することを期待している」とコメントした。