産経ニュース

フグ食べ80代夫婦食中毒 大分

地方 地方

記事詳細

更新


フグ食べ80代夫婦食中毒 大分

 大分県は20日、知人からもらったフグを自宅で調理し食べた同県宇佐市の80代の夫婦が、唇のしびれや嘔吐(おうと)などの症状を訴え入院したと発表した。命に別条はなく、快方に向かっている。県は皮に含まれる猛毒テトロドトキシンによる食中毒とみている。