産経ニュース

女子高生2人重体 直線道路「気づいたら事故」 加害高齢者が増加 群馬

地方 地方

記事詳細

更新


女子高生2人重体 直線道路「気づいたら事故」 加害高齢者が増加 群馬

 前橋市の県道で9日朝、自転車で登校中の女子高生2人が逆走してきた乗用車にはねられ、重体となった事故。乗用車を運転し、前橋署に自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで同日逮捕された85歳の男に目立った持病などはなく、現場は見通しのよい直線道路だったことなどから、事故原因は判然としていない。人身事故の発生件数が減少する中、この事故のように、高齢ドライバーが加害者となるケースの割合は上昇傾向にある。

 捜査関係者によると、川端清勝容疑者=同市下細井町=の乗用車はセンターラインをはみ出し、右折待ちをしていた車のサイドミラーに衝突後、そのまま逆走を続け、市立前橋高校1年の太田さくらさん(16)=同市高井町=と3年の大嶋実来さん(18)=同市元総社町=を相次いではねた。現場にブレーキ痕は残されていなかったという。

 川端容疑者は市内の老人福祉センターに向かう途中だった。また、自宅は事故現場に近く、目立った持病なども確認されていない。原因が判然としない中、川端容疑者は「気がついたら事故を起こしていた」などと供述している。

 高齢化に伴い認知機能の低下などが進むことから、高齢ドライバー(75歳以上)の認知機能検査を強化した改正道交法が昨年3月12日に施行され、同年10月末までに県内で検査を受けた高齢ドライバーは2万9545人に上る。

 運転免許の自主返納者数も右肩上がりに増えているが、人身事故で高齢ドライバーが加害者となるケースの割合は近年、上昇傾向にある。

 県内では平成25年に人身事故は1万7682件発生し、そのうち65歳以上の高齢者が加害者となったのは3151件で17・8%。昨年(概数)は1万2743件のうち2664件で、20・9%まで上昇した。さらなる高齢ドライバー対策が求められる。(吉原実)