産経ニュース

公約踏まえ柱に4項目 大井川・茨城知事が政策ビジョン発表

地方 地方

記事詳細

更新


公約踏まえ柱に4項目 大井川・茨城知事が政策ビジョン発表

 大井川和彦知事は26日の記者会見で、県の具体的な政策の方向性を示す自らのビジョン「新しい茨城づくり」を発表した。8月の知事選で掲げた公約が元になっており、このビジョンを踏まえ、県政運営の基本方針となる新たな県総合計画を来年9月に策定する。

 ビジョンの基本理念は、大井川知事が10月の所信表明演説から述べている「活力があり、県民が日本一幸せな県」。ビジョンの柱に、「新しい豊かさ」「新しい安心安全」「新しい人財育成」「新しい夢・希望」-へのチャレンジの4項目を据えている。

 各項目の重点施策として、IT関連企業など成長分野の企業を念頭に置いた「戦略的な企業誘致」▽総合的な対策と新たな発想による「医師不足の抜本的解決」▽小中高にインターネットを活用した英会話・プログラミング教育を導入する「グローバル社会で活躍する『人財』育成」▽情報発信の強化や魅力再発掘に戦略的に取り組む「魅力度ナンバーワンプロジェクト」を挙げた。

 大井川知事は記者会見で「困難な(政策)テーマについても挑戦する姿勢を捨てずに、ビジョンとして形にした」と強調した。

 県総合計画については、来年2月ごろに審議会を立ち上げ、審議を重ねた後、9月中に新たな総合計画を決定する。(鴨川一也)