産経ニュース

江戸野菜「品川カブ」に長蛇の列 神社で品評会

地方 地方

記事詳細

更新


江戸野菜「品川カブ」に長蛇の列 神社で品評会

品評会に出品された品川カブ=東京都品川区北品川の品川神社 品評会に出品された品川カブ=東京都品川区北品川の品川神社

 江戸野菜の一つで、かつては品川宿周辺地域で栽培されていた「品川カブ」の品評会が、品川神社(東京都品川区北品川)の境内で開かれ、江戸野菜の振る舞いに長蛇の列ができるなど大にぎわいとなった。

 品川カブは長さが20センチほどで見た目は大根に近く、主に漬物などに加工されていたという。しかし、明治時代以降は生産が減って幻の野菜となっていた。

 審査会ではカブの形状や大きさ、葉の色、全体のバランスなどを競い合い、区立大井第一小学校(木村已典校長)が3年連続で優勝。結果が発表されると子供たちは歓声を上げていた。