産経ニュース

道の駅「ねごろ歴史の丘」グランドオープン 岩出、全施設の整備完了

地方 地方

記事詳細

更新


道の駅「ねごろ歴史の丘」グランドオープン 岩出、全施設の整備完了

 岩出市が整備を進めていた県内34カ所目の道の駅「ねごろ歴史の丘」(同市根来)の全施設の整備が完了し、24日にグランドオープン。関係者らが集まり、竣工式が開かれた。

 ねごろ歴史の丘は、京奈和自動車道岩出根来インターチェンジから車で数分の立地。周辺には、国指定の重要文化財「旧県議会議事堂」や、国内最大の木造多宝塔である国宝の大塔などを有する「根来寺」といったスポットがある。

 敷地面積は約5600平方メートルで、88台が駐車できる駐車場を確保。敷地内には、根来寺の歴史を学ぶ「市立ねごろ歴史資料館」も設けられている。県内各地の観光案内も取りそろえ、レンタサイクルなども整備。4月に道の駅として登録された。

 道の駅に登録後、団体客向けのトイレや、県内の土産品、根来塗などの工芸品が販売される物産販売所などが整備され、この日、グランドオープンを迎えた。

 式典には中芝正幸市長や根来寺の中村元信座主、県内選出の国会議員、一般参加者ら計約200人が出席。市民有志らによる「根来鉄砲隊」の演武や鼓笛隊の演奏が披露され、テープカットが行われた。

 式典の後、ぜんざいや甘酒などもふるまわれ、多くの客でにぎわった。訪れた紀の川市の高校1年、千知岩あすかさん(16)は「建物がきれいで、品ぞろえも良かった。また来たい」と話していた。