産経ニュース

「切り口シェアだけか」佐賀銀頭取、公取委に疑問

地方 地方

記事詳細

更新


「切り口シェアだけか」佐賀銀頭取、公取委に疑問

 佐賀銀行の陣内芳博頭取は21日、福岡市博多区で記者会見し、地方銀行の経営統合に貸出金シェアの観点から、慎重な姿勢をとる公正取引委員会に対し「人口が減り、過疎化する地域がある中で、シェアという切り口だけでよいのか」と疑問を呈した。

 「私どもは佐賀や福岡だけではなく北部九州で商売し、ネットも含め、競争している。ある地域でシェアが高くなったといっても、(顧客への)銀行の態度は変わらない。金利を上げるとなれば、客が離れるのは明らかだ」とした。

 公取委は、新潟県の第四、北越の2地方銀行の統合を承認した。両銀行の新潟県内の貸出金シェアは、5割を上回る。陣内氏は「今後の地銀再編に影響を与える。シェアがあの線ならセーフなのかと思った」と述べた。