産経ニュース

【大人の遠足】関東3大イルミネーション認定の光の空間 千葉・袖ケ浦市 進化する東京ドイツ村

地方 地方

記事詳細

更新

【大人の遠足】
関東3大イルミネーション認定の光の空間 千葉・袖ケ浦市 進化する東京ドイツ村

4月8日まで開かれている幻想的なウインターイルミネーション=千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村 4月8日まで開かれている幻想的なウインターイルミネーション=千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村

 イルミネーションが至る所で輝く季節になった。夜景による地域活性化などを支援している一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローが「関東三大イルミネーション」に認定しているのが、千葉県袖ケ浦市のテーマパーク「東京ドイツ村」だ。冬のイベントだけでなく、春や夏には広大な敷地で季節の花を楽しめる。関東最大級というその幻想的な光景がどれほどのものか確かめるべく、車で向かった。

 東京ドーム19個分

 千葉市中心部から京葉道路を経て、約30分ほどの館山道の姉崎袖ケ浦インターで下りて、山の方に向かうこと約5分。ドイツの古城をイメージした大きなゲートが出迎えてくれる。

 ドイツの田園風景をイメージしたという園内は、ゲートを抜けると山の斜面を利用した広大な芝生の広場が目に入る。敷地内は車でも移動ができ、風景が気に入ったところで路肩の駐車スペースに車を止め、スマートフォンやカメラで景色を撮ることもできる。春はシバザクラ、初夏から夏にかけては金魚草やアジサイ、バラ、秋になるとコキアなどがそれぞれ見頃を迎える。冬は、夜の幻想的なイルミネーションが目玉だ。

 「足が悪い方でも車で目標のエリアに移動できますし、1年中楽しめると思います」と総支配人の山尾隆一さん(42)が案内してくれた。

 このほかにも釣り堀やボート乗り場、観覧車にドッグラン、収穫体験ができる畑などが約91万平方メートル(東京ドーム19個分)の敷地に配置されている。来場者も家族連れやカップル、友人同士などさまざまだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 関東3大イルミネーション認定の光の空間 千葉・袖ケ浦市 進化する東京ドイツ村
  • 関東3大イルミネーション認定の光の空間 千葉・袖ケ浦市 進化する東京ドイツ村
  • 関東3大イルミネーション認定の光の空間 千葉・袖ケ浦市 進化する東京ドイツ村
  • 関東3大イルミネーション認定の光の空間 千葉・袖ケ浦市 進化する東京ドイツ村
  • 関東3大イルミネーション認定の光の空間 千葉・袖ケ浦市 進化する東京ドイツ村