産経ニュース

神栖市長に石田氏初当選 「防災アリーナは早速見直す」

地方 地方

記事詳細

更新


神栖市長に石田氏初当選 「防災アリーナは早速見直す」

 任期満了に伴う神栖市長選は19日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属新人の元県議、石田進氏(59)が、いずれも無所属新人で元市議の伊藤大氏(44)、境川幸雄氏(57)を破り、初当選を飾った。当日有権者数は7万6213人で、投票率は54・91%(前回44・91%)だった。

 石田氏は県議3期の経験と人脈を生かし、医師不足問題や防災対策などの課題を解決すると主張。市が建設中の「神栖中央公園防災アリーナ(仮称)」事業や市内2病院の統合問題については現計画の見直しを表明し、現市政への批判票を集めた。出身地の波崎地区でも支持を固めた。

 石田氏は当選が決まった19日夜、市内の事務所に集まった支持者を前に「防災対策もアリーナ問題も早速見直す。『オール神栖』で市政を前に進めていく」と抱負を語った。

                   ◇

 ◇神栖市長選 開票終了

 当   22933 石田  進 無新 

     12870 伊藤  大 無新 

      5719 境川 幸雄 無新 

                   ◇

 石田(いしだ) 進(すすむ)59 〔1〕

 会社員(県議・市議・波崎町議)東海大